アイスウェイブ (医療機器)

 

  • 安全な自然派の鎮痛パッチ

  • 全身の痛みにも、局所的な痛みにも

  • 即効性あり、依存性なし

  • 便利で使いやすい

  • 薬物、化学物質、興奮剤不使用

光の治癒力から生まれた痛み止め

世界中15億の人々を悩ませ、年間何十億ドルもの医療費を費やし、さらに仕事の生産性を下げてしまう慢性疼痛。IceWaveパッチはあらゆるレベルの疼痛に対応可能な、安全で強力、手頃な価格のソリューションです。

薬物無配合で依存性もないIアイスウェイブは、市販の痛み止めとは一線を画す存在です。現在米国の多くのコミュニティに蔓延するオピオイド中毒を始め有害な副作用があることで知られる主流の処方鎮痛剤と比べた場合、特にその差異は顕著です。

Iアイスウェイブ試験結果

2013年、フランスにおける疼痛管理の権威(Pierre Volckmann博士)が、フランスの5つの病院でプラセボ対照二重盲検試験を実施しました。その結果、試験参加者100人のうち実に94%が、使用開始から数分で疼痛緩和を実感したのです。Volckmann博士はこう評しています。「本試験で認められた安全性および有効性は、副作用がなく、持続性のある疼痛緩和を即座に得られるIアイスウェイブパッチが、疼痛管理において非常に興味深いアプローチとなりうることを示しています」

 

知っていましたか?

米国では、処方箋不要の鎮痛剤が疼痛緩和に最も多く使われています。成分の主流は、アスピリン、イブプロフェン、ナプロキセンなどです。しかし作用時間が短いにもかかわらず不快で有害な副作用があるなど、むしろその使用は逆効果であることが研究からわかっています。

たとえばアスピリンは腎不全、肝不全、潰瘍、難聴、出血性卒中などと因果関係があります。またイブプロフェンは貧血、DNA損傷、難聴、高血圧、流産、インフルエンザによる致死率に関連があるとされています。処方箋不要の鎮痛剤のほぼすべてに配合されているアセトアミノフェンも、50以上もの有害な副作用を引き起こすことが証明されているのです。

どんなに痛みを止めたくてもこうした重篤な副作用のリスクにさらされるのは賢明ではないと考えるあなたに、私たちは心から同意します。幸いにもIアイスウェイブパッチを使えば副作用の心配なく、しっかり痛みを抑えられるのです。

重要なことに、これらのパッチは、薬物、化学物質、または覚醒剤を使用せずにさまざまな利点を提供します。光線療法の伝統的な形とは異なる薬物療法では、特に、有害な副作用を有することが知られています。主流医薬品鎮痛剤とは対照的です。今日の私たちの国の多くの地域社会を悩ましている広範なオピオイド中毒を含む。

 

痛みの研究では、光線療法が前立腺のような炎症性分子を減少させることができることを示しています。一般的に炎症性腸症候群は、光線療法では炎症過程の増幅を遅らせ痛みの知覚を軽減するのに役立つかもしれません。

Ice Wave Patch-Study-Press-Release-Final.(2011年5月19日) - 

アイスウェイブパッチの研究結果は、疼痛(とうつう)うずき・ずきずきする痛みの大幅な減少を示しています。アイスウェイブの痛みの軽減に関する新しい研究は、Intemational Journal of Medical Implants and Devicesに掲載されました。パッチによる痛みの重症度の軽減、およびストレスを低減する上で非常に重要な効果を有することを見出しました。ライフウェイブは90カ国以上に拠点を持つ国際的な販売網で、独自の経皮パッチ製品をラインナップしています。 ライフウェイブのパッチには薬物、化学物質、興奮剤は含まれておらず、針を必要とせずに鍼治療のツボに影響します。アイスウェイブパイロット調査を使用して、パッチが神経筋痛の定量的および定性的尺度をどのように減少させるかを試験した。この調査には、26歳〜72歳の女性14人と男性16人のボランティア30人のグループが参加しました。参加者には、関節炎、腰、首、肩、坐骨神経、スポーツ関連、自動車事故関連、肩甲骨、および膝の痛みなど、さまざまな神経筋痛の不快感があり、背中の痛みが最も多かった。疼痛軽減のレベルを測定するために2つの異なる医療評価ツールを使用した。 アイスウェイブパッチは、ライフウェイブの推奨プロトコルに従って、身体の様々な鍼治療ポイントにボランティアに適用されました。各候補者の疼痛は、パッチを使用する前に測定し、これは試験のベースラインとして役立った。被験者は、パッチを着用している間十分に水分を補給すように指示されました。全体的に、各患者はアイスウェイブパッチを2〜5秒以内に適用した後に疼痛レベルが低下し、平均して疼痛測定値は2〜5人は、個体の全体的な健康のために、実質的な痛みの軽減に少し時間がかかった(15-20分、場合によっては数分)。パッチ適用後のレベル研究結果は、定量的および慢性的痛みの両方において非常に有意な減少があったことを示しました。この研究は、アイスウェイブパッチの適用が、痛みの重症度の強度および知覚を低減する上で非常に有意な効果を有すると結論付けました。